23 October 2014

女性的なテーラードカラーについての研究と考察

最初にお断りさせて頂きますが私はテーラードカラーがあまり好きではありません。
ブレザーの制服を除いて好んで着用することもありませんでした。
普段はジャケットの中でショールカラーをよく好んで着ていました。
何故今回このような事をしたのか。
私は2014Autumn/Winterのテーマに原点回帰を選びました。
小学生低学年の時に伯母がスコットランドのお土産として下さった水色のタータンチェックのプリーツスカート。
そのスカートに私にとっての洋服への深い興味を抱いた原点を置きました。
自分の中にあるスコットランドの印象から派生しチェック柄や伝統的な衣装、ホテルマンや駅員の制服などにインスピレーションを受けてデザインをしていました。
途中伝統的とも言えるテーラードカラーやラペルのデザインに疑問を持ち、自分が抱く不快感を解決まで辿ったその途中に思ったこと感じたこと考えたことを自身の為に書き留めた雑記となります。


・テーラード 

テーラードと一言に言ってもジャケットのカラーの種類や数は数多存在します。
ファッション辞典等に良く絵型付きの一覧が載っているのを目にしますが細かく分類されており圧巻されます。
どうしてもそういったテーラードカラーはメンズライクであり女性に似合っているアイテムとは言い難いと思います。
マニッシュな雰囲気が欲しい場合は構いませんがどうしても女性的な印象が削がれてるように感じます。
極端な話をすれば直線的な服は男性的、曲線的な服は女性的と言えます。
大胆な曲線を用いることで男性的な印象を軽減出来ると考えます。
ラペルや上襟にも同じことが言えます。
余談ですが水兵の制服に用いられたセーラーカラーは実用的に基づいて作られたものですがデザインはとても女性らしく、それをサマールックへ昇華されたココシャネルをとても尊敬しています。
日本では代表的な女学生の制服として愛されています。


・2大ブランドのテーラード 

シャネルのテーラードはとても細い。
シャネルに関してはオートクチュールに関してしか私は情報を揃えて無いのですが、とても細くて繊細な印象を受けます。
それはとても女性らしい繊細さです。
ココシャネルはBL(バストライン)より上のテーラードを着用してる姿をよく目にします。細いテーラードを見かけるように成ったのはラガーフェルドの時代からかもしれません。
シャネルが発表したシャネルスーツのジャケット(日本ではカーディガンジャケットとも呼ばれる)はとても女性らしいのですが、シルエットやデザインがシンプルなだけに素材や装飾が一定以上で無いと安っぽい服に成ってしまいます。

ディオールはカラー(衿)に関係なくウエストを大胆にシェイプする事によって女性的な印象を与えています。
ディオールに関してはニュールックの時代のまま。言い方を変えればコルセットがある時代の女性的な美しさのままです。
ニュールックが流行した時にココシャネルがやっと女性達がコルセットを外したのにまたあんなコルセットのシルエットを流行らせるなんてと怒ったという話もあり、シャネルとディオールの女性らしさは正反対に位置しています。
シャネルはキャリアウーマンとしての女性らしさを、ディオールは男性から見た女性らしさを創り上げており相対的な女性らしさはどちらもとても美しいです。


・細いラペル


前述したシャネルの細いテーラードを、実際にトワルで作ってみました。
肉眼で見るとかなり細く仕上がっているのですが写真の撮り方が悪かったようで普通のラペルに見えます。
作ってみた印象ではやはり繊細な印象を受けます。


・ラペルの重なり、左右対称の美的

デザインをしている時、ふと疑問に思いました。なぜラペルは重なるのか?
特に深追いはしませんがその答えは簡単には語りきれない量の西洋服装史の資料が必要になるだろうと思います。
ブラウスのフラットカラーを作るとき、丸襟の曲線にCFで左右対象になるのが可愛らしく美しい印象を与えているとよく思います。
同じようにラペルも左右対称にしたら女性的になるんじゃないかと疑問に思いました。


前述したことを踏まえトワルに起こしました。個人的にはとても可愛く仕上がって満足です。
やはり左右対称が与える美的感覚には女性的な印象を与える何かがあるのでしょうか。


・上襟とラペルの接着量、長い⇔短い


長いほうがテーラードらしさ、フォーマルらしさが出ます。
短いとカジュアルダウンされたような印象が出ます。
これは上襟のデザインやラペルの大きさにも左右されると思います。


・上襟とラペルの比率

極端に上襟を長くしたときの印象はどうか?という疑問が浮かびました。
ブラウスの襟のようなものになるかもしれませんが、女性的な印象を与えるデザインに間違いないと思いました。

前述したとおり極端に上襟を長くしたデザインでトワルに起こしました。
この時点で別物だと言われてしまえばそうなのですがとても可愛いので私は満足です。
このデザインをスーツ生地で縫製したとき、またどのように印象が変わるのか興味深いです。
現段階では形だしのシーチングを使っているのでとてもブラウスらしい印象を受けます。
ラペルの分量を悩んだのですが上襟を際立たせるように小さく作りました。


・曲線と直線、ラペルの大⇔小


最初の方で記述した曲線と直線の印象の違いを見てみたいと思います。
この上襟は左が直線で右側が外へ向かって湾曲しています。
曲線のほうが印象が柔らかくなり比較的女性的になったと言えます。
またラペルの大小について、小さいほうが可愛らしい印象になるのは当然ですが大きいほうがフォーマルさが増しているように見受けられます。




ほとんど自分のメモのような記述になってしまいましたが、
今回挙げたデザインを生地の素材やカラーなどによってまた様々な印象の変化を楽しむことが出来ます。
今回はここまでとしますがラペルの角度やカーブ等、まだまだ掘り下げたい部分が沢山あります。これを第一弾としてこの疑問は引き続き継続して研究して行きます。

また区切りの付く部分で纏めたいと思います。


About size of Bustier Dress


ビスチェドレスのサイズについてのページをアップしました。
落ちないベアトップドレスの構造やサイズ確認用ドレス等の説明もあります。

>>ビスチェドレスのサイズについて / About size of Bustier Dress


20 October 2014

Black Bustier Dress


I'm wearing the black bustier dress.The little black dress style is simple, elegant, so I like those style.