30 August 2015

Valentino Design Illustration


Valentinoのデザイン画です。
前にも触れたように繊細で美しい絵が特徴。

これらに感化されて、またデザイン画を書こうかなと思ったりしました。
ただ絵を描くと平気で何時間も没頭して作業して気付いたら一日が終わっていて、
服を作る時間を削ってしまうのが何よりの難点。

ココ・シャネルは絵が書けないから自分の手で作った方が早いというやり方。
ラガーフェルドは真逆でデザイナーはスケッチする事が仕事だというやり方。
その代わり素材の幅や組み合わせ方の知識は恐ろしいほど豊富。
しかも1mm単位でパターンの指摘をするなど完成形が鮮明に出来上がってる。

お針子の時代と違って今はデザイナーは服を作れる事が前提。
マークもラフも皆作れるしスケッチも書くことも出来る。
ファッションデザイン画は最低限のサイズ感、素材感、模様・装飾があれば良い。
ただオートクチュールのデザイン画の装飾の書き込み半端無い。
そこから更に刺繍の柄も細かくデザインして書き上げるから当然といえばそうなんだけど。
刺繍の原案も前からやってみたかった事だから、リュネビルと平行して作って行きたい。


これはローマのアトリエのデザイン画。アナログ。
シャネルと違って他のブランドはアートディレクターが複数居るからデザイン画の絵柄も複数。
透け感や流れ、ドレープ。それらがとても綺麗に表現されてる。

多分これが一番有名なValentinoのドレススケッチだと思う。
日本ではウエディングの時にアップヘアにする事が多いけど、
個人的にはダウンヘアの方が好き。
ティアラとかクラウンとかへっトドレスを付ける時はアップペアの方が良いのは良くわかってる。

このコレクション凄く好きだった。
このゴールドドレスに影響されてミニ丈のゴールドドレスを作ったくらい好きだった。
相変わらず柄の書き込みが凄い。


最近になってからだと思うけど、凝り固まった考え方が少しずつ解けてきた。
「今の自分を残す」というつもりで創作するのは私にとっては一番やり易い考え方みたい。
このデザインを一度は作って置きたいな程度の起点で動いていい。
完璧なものを作ろうとしなくて良い、今の自分の感じたものを形にして残すだけで良い。

幼少期に自分を否定されて育った子は嘘をつき易いし完璧であろうとする。
それに無理が生じた時に精神的に可笑しくなって何が良いのか分からなくなってしまう。
やっとそこから抜け出せた、若しくは抜け出す切っ掛けに気付けたかなって思う。
このまま、いい方向に進めればいいな。







やっと感情的に成らずに落ち着いて現状を見たり理解できるようになったかもしれない。

分かり合おうとか許し合おうとすると距離が近づく。
精神的な距離も、物理的な距離も。

彼は、一度は自分の事を分かってくれたと思って一気に精神的な距離を縮めてくる。
しかし相手を分からなかったり理解出来ないことが生じると途端に拒絶して距離を引き離す。

それは自分の正しさと相手の正しさを分かり合って許し合おうとしなかった所為。
一度も分かり合おうとはしない、自分を分からせようとしていただけ。
自分の正しさだけで相手に生きて貰う事を要求する、
だから私が近づくたびに私を否定し続ける。
私の都合は聞こうとも知ろうともせずに、聞こえやしないと責めた理由はそういう事なのかな。

相手には相手の正しさがある。
それを理解して許せたり尊重する事が出来ないのなら、離れることでしかその正しさを生かすことは出来ない。
だから離れていることを選んだ。
だけど自分の正しさは分かって貰いたいから契れない距離で引き止めてる。
多分それが相手が何度も繰り返す「手を繋ぐ」とかいう言葉の感覚なのかな。

何度試しても、決して私を理解して自分から近づこうとはしない理由もそれなのかな。
「話せない」という真意も、「あなたを理解することはしないけど自分を理解して欲しい」だけなのかもね。

「理解される」事を目的としているから、私がどの程度聞こえても相手の「理解された」という実感が無い限りは聞こえていないという事にされてしまう。
でもそれは私の正しさを誰にも理解して貰えずに我慢して抑圧しなきゃ出来ないことなのかもしれない。
私はそれが嫌で長年何も出来ずに泣いていた。
精神的に可笑しくなると、聞こえやしないという言葉が「お前は聞こえない駄目な奴だ」という風に刷り込まれて自分が嫌いに成って陰気に成る。
このまま泣き続けるより、「何度やっても私は聞こえない人間だ」と開き直る方を選びたい。
貴方だって私の声を聞くことは出来ないんだから。

信じないだろうけど本気で好きだったよ。
死ぬまで一緒に生きたいと思える人だった。
どんなに考えても一緒に成れない事は変わらない。
ただ一つだけ学んだことがある。
たとえ他人から見て間違っていても自分の正しさを貫く方が楽しく生きれること。
一番分かって欲しい人に分って貰えなくても、それを分ろうとしたり許そうとしてくれる人が相対的に集まって来てくれる。
それが「街」という概念や現象なのかな、とも思う。

貴方と私はお互いの正しさを教えあって許し合って生きる事が不可能だから一緒には成れなかった。
「話せない」という理由で最初からそれらを諦めて居たんだね。
きっとそれが貴方の正しさなら私が何を言おうと変わらないんだろう。

これからは私も自分の正しさを貫ける強さを身に付けて生きて行きたい。


29 August 2015

Black Dress


前にメイキングを載せたシースルーデザインのブラックドレスです。
もっとこうバストラインぎりぎりまで抉ったラウンドネックにしたかった。
今度パターン直して別のお色で仕立ててみます。
顔面が薄ら笑い。

ショートパンツやらシャツブラウスのパターン修正をコツコツ繰り返しています。
早く満足いく形に出来ると良いな。
それとインスタグラムにアップしてますが今はレース装飾のグレイドレスを縫い進めてます。

そして草書体の練習をしてます。
今まで雰囲気で書いてるだけでちゃんと勉強したこと無かったから間違えて覚えてるのもあった。
フランス語だとまた字体が変わるそうで。
今のところ基本的な形を完璧に覚えてから好きなフォントの書き方も覚えるつもりです。
何がやりたいのかと言うと、万年筆やGペンで草書体ロゴを書く動画を見てからやりたくて仕方が無かったのです。
n,m,u,w の小文字にちょっと苦戦してる。w から s に繋げるのが難しい。
PCフォントってどの文字でもつながるように筆先の払いが一旦下線部まで落ちてるので、
それを先に覚えたのでどうしてもその癖が抜けない。
でも綺麗に書けてた時は凄く楽しいよ。

28 August 2015

Shirt


ダーツ無しのホワイトシャツです。
着た感じは大きめな気がしたんですが写真では丁度良く見える。
正直ダーツありの身体にフィットした方か好きです。
でも学生時代思い出すとホワイトシャツってこんなサイズ感だった気がする。
元々肌着なのでタイトにする必要は無いんですが、あとは作る私の好みの話ですね。
発音の良い「ホワイトシャツ」を日本人は「ワイシャツ」と聞き取ったから今でもそう呼ばれてるそうです。
Tシャツは形がまんま「T」だから納得したんですが「Y」シャツって何なんだよってずっと疑問でした。

シャツのパターンについては再考します。
着心地だとダーツの方が良いけどデザイン性の自由度だとダーツ無しなので、
色々臨機応変に変えられるよう試してみたいです。

髪の巻き方変えました。毛先がなんか可笑しい。
外見の印象の良さって9割がヘアスタイルなんだなって過去写真整理していて思いました。
もうちょっと髪が伸びれば良い揺る巻きが出来そう。
今度はストレートで撮ろうかな。