Designer's BLOG
outfits

Glen check suit

Saturday, 21 March 2015

Today I'm wearing the glen check suit.I like cloth for formal glen check.It called a glen check in Japan, but am GLEN PLAID in English.I make two or three clothes a day recently.So sewing became able to clean it early.It is very well pleasant to make clothes

私の顔って正面から見ると不細工っていう新しいジャンルな気がする。油断すると唇がおちょぼ口みたいになってて嫌いだわ。
注文分とか、忙しい時は一日2-3着のペースで作っていておかげさまで縫製スピードが格段に上がりました。
焦らずに早く綺麗に仕上げる、フィットアンドフレアに関しては最近では無心で手が動いてくれる。

どこかで言おうと思っていたんだけど、私の作り方は在庫分を用意してるわけじゃなくて着分丈の生地を在庫として用意しています。
つまり注文があってから1,2日で縫上げて発送してます。だからサイズ表記が多くても対応できてます。
これ以上注文が多くなったらひとりじゃ対応しきれないから生産面の課題が出てくるけどそうなったらそうなったで、その時考えます。
実際のところパターン(型紙)化してなくて感覚で作ってる部分があるから外注するより私が縫った方が早いし綺麗なんだよねっていつも思ってしまう。
これをお客様側に言ってしまうと「今から作るならこれやって欲しい」とか無理難題を言われるのでそれは出来ないと言っておきたいです。
一からパターンやデザインを作り直さなきゃいけなくて、一週間くらいかかるような事を「ついで」みたいに言われてもそれは対応できません、オーダーメイドでは無いので。
出来ないか一応聞きたくなる気持ちはとても分かるので、残念ですがご希望に沿うことは出来ませんとお伝えするしか無いのです。


A pattern of cloth called Glen plaid.

これはスワッチ(生地見本用のハギレ)の画像です。私はよく一番左の柄を使っています。
日本だとこれを千鳥柄って表記しているところが多くて、確かにクロスしてる部分は千鳥柄になってるけど。
右のブラウン系のグレンチェックに出会えることって中々無いんですよ。
ヨーロッパ産の高いメンズ生地しか無いので気軽に使えない。時々後染めコットンとかはあるんですけどね、欲しいのは先染めウール混だ。
気に入った生地に出会えたときの一日のテンションの高さったら半端ない。

好きなものを突き詰めて行くと、自分はこれが好きだったんだって自分を知る事がある。
ファッションが好きとか、そういうスタイルの人が好きとか、着ている人が好きとか、そいういんじゃなくて洋服の仕立てが好き。
制服が好きと言うよりはフォーマルな仕立てが好き。でも制服は萌えるよ、ファーマルだからね。ドレスも好きだよ、フォーマルだからね。
言ってる事がなんか良く分からなくて自分でも笑ってしまう。
東京メトロが春服になって凹んでる。ロンドンのホテル・リッツカートンのドアマンみたいなデザインの制服好きだったのに、気付いたら春服になってしまった。