Designer's BLOG
Making clothes

Making Polka Dot Dress

Sunday, 26 July 2015

身頃をアイボリードット、スカートを厚手のブラックシフォンで仕立てたドレスのメイキングです。
出来上がってるけどかなり質素なのでドットチュールのリボンをつける予定です。
画像は結構前に新調したコンシールファスナー押さえです。鉄製がオススメ。

今は三着のワンピースドレスを同時進行で縫い上げてる途中です。
とても薄手でとろんとした繊細な生地に悪戦苦闘、最終的に三着とも全工程手縫いという選択をしまいした。
同じ生地を延々縫ってると集中力が低下するので複数のドレスを行き来して気分転換しながら縫っています。
繊細な生地を縫うための新しいミシン針を購入しようと調べたら海外製まで本当に沢山の種類があって色々試してみようと思います。

先月くらいからブランディングについて考えてる。まだ基礎知識の範囲だけど。
成るようになる、好きなように作ってれば形に成る、とかいつもは思っている。
それだけじゃ駄目なのか?とか思うけど、結局好きな方向に進んでいけば良いという気持ちでいる。

どんな服でもダーツの先端は手縫い処理をしています。
ミシン処理だと返し縫をいくら繰り返したところで同じ穴に糸を落としているので解ける可能性があるからです。
このワンピースドレスはシンプルなダーツパターンで仕立てていますが、
一般的な直線的なダーツとは違い身体に合わせてギリギリまで抉って立体的なラインを表現しています。
このパターンメイキングについては前にも書いたかとは思いますが、
私は胸下からウエストまでのカーブが特に女性的なラインだと思ってますのでこの位置を思い切りカーブさせて表現しています。
この特徴の所為でサイズ的に問題無くても着用出来ない方が発生するのは残念ですがこの特徴を無くす事は絶対にしません。

表身頃 

表身頃と裏身頃合わせ 

 1ミリ控えて折り返しアイロン

 身頃完成

タックドギャザー 

裏身頃かがり付け