Designer's BLOG
outfits

Winter

Saturday, 14 November 2015
目が虚ろ。
メイキングを載せていたコートの着装画像です。
丈は結構短く感じる。
でもショートパンツと合わせるならこのくらいの方がロングジャケット風で好きかも。
もしワンピースやスカートと合わせた場合、裾からスカートが少し出て可愛いと思う。
シルエットはストレートで襟は丸みを帯びたテーラードカラーです。
シングル三つボタン、袖本開き、パッチポケットの仕立てです。
帽子はこの前買ったフェルトのキャノチエ、靴もこの前買ったヒールオックスフォード。
撮ってから気づいたけど前髪伸びていたのでこの後カットしました。

昨日jumpsuitの完成パターンが仕上がりました。
ラペルデザインのフロントの仕立て方を迷ったけど
身頃からベルトまでをボタン、その下をフラットニットファスナーで仕立てる事で解決。
ポケットは身頃から続くようなラインのカーブポケットにする予定。

今は厚手のネイビーウール地で同じパターンのコートを作っています。
粗断ちして全面芯を貼っているところ。
終わったら再裁断してしつけ糸でマークしてからテープ類貼って本縫いに入る。
縫い慣れたら毛芯使うぞって意気込んで作ってる。


ペルラムジャケットとドレスコートのメモ。
メモは作業台に置いている鏡に貼り付けてる。
上側の落書きはアイメイクする前に失敗しないようにイメージを作るために時々書いてる。
不思議とアイメイクが上手く行くんだ。
正直なところ人の印象ってメイクより髪型が大事だって思う。
髪型上手くいったらメイクが下手でも可愛く思えるから。


ふと思い出して笑ってしまったんだけど
物心着く前の幼少期、クリスマスツリーの飾りのMerryChristmasと書いているプレートを物置から探して隠し持ってた。
流れるような草書体にゴールドでキラキラしていて、小さかった私の手には凄く大きく感じた。
引っ越す前にツリーは処分した覚えがあるんだけど引越した先で小学生になってからプレートが出てきて懐かしかった記憶がある。
私はキリスト教徒では無いしイベント事は季節のお菓子が食べれる事が好きな程度だけどクリスマスシーズンはやっぱり好き。

パリのテロが起きた事が悲しい。
近いうちにルサージュに行こうと思って計画立ててたから。
被害にあった方々にはご冥福をお祈りいたします。
私と同じく恐怖を感じた方々には一緒に祈ることしか出来ないけど、平穏と安全をお祈り申し上げます。