Designer's BLOG
Making clothes

Tailored Short Jacket #2

Sunday, 10 January 2016

今日はジャケットを縫い上げました。
自分が思ってたよりもジャケットの仕上げって時間かかる。
久しぶりの穴かがりだったので肩や腰にきた。
厚手の生地を縫うと必ず横地が綻んでくるのでそれを止めるためにかがり幅で返し縫いしておく。
そうすると綺麗にできる。
文化学園系の教科書にはミシンで縫って固くさせたり芯糸入れたりするけど、
私はこのやり方が一番綺麗に出来る。
今回も袖は本開き、袖先のボタンはダブル。
フィッテングチェックで着てみましたがCBの丈が思ったより短かったので(それも可愛いけど)次回は修正。
実は今回9ARのジャケットパターンを使ったので次は7ARで作るつもり。
シルエットにどんな差が出るのか見たい。
ショートジャケットとか、ショートトップスの難点というか特徴というか、手をあげたらお腹が見えるところ。
直立だと美しいんだけど動くと見えちゃう。
これを良いか悪いかは見る側次第だね。
でも短いシルエット可愛い。
着装画像を撮ってみて丈を伸ばしたバージョン作るか検討する。

穴かがり完成画像。
写真で見るとなかなか綺麗で満足。

ショートジャケットってシャネルジャケットタイプかライダースジャケットタイプに多い。
テーラードだとレディーズでも60cmくらいはあるからメンズライクになるんだよね。
前からライダースジャケットの丈が好みだったけどレザーに興味が無いから作る気にならなかったけどシルエットは凄い好き。
英語でライダースジャケットって検索するとバイクに乗ってる人と馬に乗ってる人のジャケット両方出てきて面白い。
ちなみに私は乗馬服の方が好き。