Designer's BLOG
diary

I'm back.

Tuesday, 6 June 2017

家に戻って来たけど熱が下がらなくて辛い。
写真は持って行ったトランクで、去年デザインが気に入ってSサイズとMサイズ買ってしまった。
本当はLサイズも買おうかずっと悩んだまま買ってない。
多分Mサイズ以上のものが必要になる事は無い気がするから。

まだ顔は腫れててマジ凹みしてるんだけど鼻の通りは驚くほど良い。
今まで薄味が好きで醤油が苦手だったんだけど今は醤油が香ばしくて美味しく感じる。
入院手続きの紙の病名・症状に「鼻閉」って書いてあって一通り笑った。
たった二文字。ストレート過ぎる表現。
今回は形成外科で鼻の通りと曲がりを直して貰った訳なんだけどギプスを1週間くらいするよって事以外サラッと聞いてた所為でこんなに腫れたりアザになったりするとは思わなかった。
今は腫れてて形がはっきりしてないんだけどなんか鼻低くなって無い?って不安に駆られたりしてる。
正直元の鼻の形を詳細に思い出せる訳じゃ無いんだけど今の自分の顔に違和感が凄いある。
やっぱりやらない方が良かったのかなって頭の中がもやもやしてる。
完全に腫れが引くのは三ヶ月は必要って言われてるので、これから腫れが落ち着いて元に戻る事を祈る。
ただ鼻の通りは治ってるし、鼻の曲がりについては腫れてるから断言は出来ないけど前よりは確実に真っ直ぐになってる。
ただ形と高さが不安。


不安に成りながら昔の写真漁ってて、これが一番自分的に気に入ってる写メ。
ただ気になるのがまゆげの薄さよ。前髪あるから書かない事が多い。
お願いだから腫れが引いた時にこの形に戻って欲しい。
まじで不安。

ただ下の鼻ぐにゃ画像を見るとやって良かったとも思ってるんだよね。
どうでもいいけどこの頃の化粧濃すぎて見てられない。
この時期は写メだと普通なのに一眼で写真撮るときは引くほど化粧濃くしなきゃフラッシュで飛ぶって思ってたからどれも濃い。
今はマシになっというか抑え目になった。

形成外科と美容外科の差は保険内かどうかがラインらしい。
元の形を変えるのは保険外、元の形を直したり保ったりするのは保険内。
私の場合は保険内で鼻が低くならない事が最優先で、次に鼻の通りと曲がりを直す事。
今の鼻の形が気に入っているという事もちゃんと伝えた。
軟骨はレントゲンやCTに写らないから手術してみないと分からない、と言われて居たんだけど
手術後の先生の第一声が「鼻すごく曲がってたよ」だった。
私は即座に「ですよね」って言ったけど内心ショックだった。
入院した時に看護師さんに鼻曲がってるように見えないって言われたし、点滴打ちながらずっとこんな痛い思いして直す必要あったのかって泣いてた。
今はまだ不安だけど確実に前よりもご飯が美味しく感じるのは凄く嬉しい。


病院自体は凄く快適で新しい建物だから綺麗で、部屋も大部屋だったんだけど一人のスペースが広くて景色も良かった。
4人部屋だから全員角部屋で金庫や鍵付きの衣料ロッカーもあって便利だった。
看護師さんみんな優しかったな。


景色は綺麗だけど高層階には住みたく無いって思う。
正直エレベーターが怖い。公共の場で時々使うのは構わないんだけど。
小学生の時にバイオの映画でエレベーターに挟まれる描写を見てトラウマになったし、
その後にシンドラー社のエレベーター死亡事故があって、しかも私が毎日通学で使ってたエレベーターがシンドラー社で次の日から停止していてなんか凄い怖くなった。
ていうかエレベーターに閉じ込められたりエレベーターが落下したりドラマや映画で怖いシーンが多過ぎるんだよ。
専門学生の時に私のクラスが16階くらいだったんだけど急ぎじゃ無いときはいつも階段使ってた。


廊下にあったこの3mくらいある抽象画の色合いが凄く気に入った。癒される。
この作家さん、プロか素人かは分からないけど100作寄贈したみたいで色んな所にナンバリングされた抽象画が飾ってあって見るの楽しかった。