Designer's BLOG

Untitled

Wednesday, 15 November 2017
少しだけど自分で自分を理解できた時、ほんのちょっとだけ安心する。
カサンドラ症候群が自分に深く該当する。
私はこれを乗り越えられるかな。どう乗り越えたらいいんだ。


相手との情緒的交流がうまくいかない、何が何だか理由はわからないけれど苦しい、周囲は苦しんでいることを理解してくれない。孤立し、誰からも正当性を認められない。
コミュニケーションがうまくいかない、気持ちが伝わらない、不安や悩みなどを共有してもらえない、相手の言動に傷つくなど、日常的で継続的なもの。心的外傷状態。
情緒的な交流がまったくないことにいつも孤独を感じている。 
相手は社会的にも優秀な評価をされており、自分が悩むことに罪悪感を持ってしまう。
その罪悪感を自分でも受け入れられず、何が起きているかわからないまま抑うつ状態になってしまう。

人に対して不信感、被害感を強く持ち、攻撃的になることもある。
自分を悪い人と認識(誤解)してしまいやすい。
満たされない愛情欲求に苦しみ、相手との距離が適切にとれず困っているのに、周囲に援助を求めることもできない。
素直に自己表現ができず、感情コントロールが難しい。
相手に対し現実的でない期待を抱きやすい。

互いの言葉と行動に関して違いがある。自分のよく知っているコミュニケーション方法から切り離されたとき、文化的ストレスは生じるという。別の方法を正しいとする新しい環境に直面したときに、アイデンティティと自尊心が影響を受ける可能性がある。
人と人との関係における認識の欠如の結果であり、
情緒的な相互関係と愛と所属は、人間の本質的なニーズであり、これらが満たされず、そしてその理由が解らないとなれば、心身の健康は影響を受ける可能性がある。
人間は感情的エネルギーを必要としていて、それは日常生活で幸福を見つけるために欠かせない源であるが感情的エネルギーで自分を満たすことは難しい。支え合うというエネルギーの交換が起こらない。
非AS女性はエネルギーを差し出すが、ASのパートナーから受け取るものはほとんどなく、常に消耗する。
お互いが原因を理解し受け入れることによってのみ、克服あるいは軽減することができる。
お互いの違いを理解し、コミュニケーションや感情表現・愛情の示し方のより良い方法を見つけるために、パートナーの両方がお互いのために勉強して協力するならば、二人の関係はうまくいくことがある。

ASの男性は無意味なこと、無目的なことをすることが苦手だ。
目的にならなければ積極的に行動を起こすための動機にならないというところがある。
行動を起こすには自分でやる方が得だといったメリットを確信している必要がある。

長年の苦悩の理由が、ASの特性とどのように関連があるのかを丁寧に読み解くことで相手の不思議な行動の原因が見えてくる。それが理解されて初めて、その原因が自分ではないことに合理的な確信が持てるのだ。
しかし、「自分が悪いわけではない」と思えるだけでカサンドラの状態を完全に脱することはできない。
「相手がこう言ったから」とかではなく、自ら選択し、「これは自分のためにやっている」と思えたとき乗り越えられる。

相手をわかろうとすればするほど相手の欠点を暴き出してしまい、相手を愛している自分さえも時に信じられなくなるほどの痛みが生まれる。それを単にうつとかパニック障害という言葉で括らずに、周囲の評価や自分自身の評価・価値観が根底から揺らぎ、崩壊しそうにあるほどの危機的状態であると理解する。

誰が悪いわけでもない。特性を持っている人が悪いわけでも、それを見抜けなかった人が悪いわけでもない。もちろん、それらを理解できない人が悪いわけでもない。ただ「特性が影響している」ということだけをまずニュートラルに理解することが必要だ。
ASの特性の理解を優先してしまうと、それによって受けた心の傷と抱えてきた怒りを軽く見積もってしまうことになりやすい。
自分は正しいと確信があり、どちらが正しいのかで争うことになりがちだ。しかし、問題は気持ちの伝わらなさであり、正しいかどうかではない。
何が「今ここで」起きているか、どんな「意味」がやりとりされているか、そのズレや誤解に気づくこと、そして新しい共通の意味を見いだしていくこと。



私は愛そうとしたのになんで貴方は愛されようとしないのかずっと分からなかった。
貴方が私に話をする必要が無いから何も話す事はない。
貴方が私を恋人として認識する事は無い。
私が聞こえたものを正確に把握し1ミリのミスもせず貴方の思い通りに言葉を発したり行動をしたりしなければ貴方にとって私という人間に価値がない。
貴方は私とコミュニケーションの元に分かり合う努力をしようとは思って居ない。
だから私がコミュニケーションを求めても上手くいかない、やる気はあると聞かせられるだけで結局はやる前から放棄される。
最初から何が聞こえたとしても貴方は私と現実的なコミュニケーションを取る気は無かった。

私が怒っている理由も泣いている理由も貴方には理解ができない。
私が感情的に成れば成るほど貴方の目にはおかしな人間だという風にしか映らない。
だから私は余計に自分が孤独に感じるし自分の人としての正当性を疑い自信を喪失する。
その辛さを嘆き続けるが貴方にはそれが理解できず私を放置するという選択肢以外無かった。

貴方は私に何かをして欲しいと要求する事はない。
私は貴方の為に何をしたら正解なのか分からず何もする事ができない。
私が自分で考えてやったことを貴方が喜んで受け取ってくれる事は無い。
要求をしてもないのにやったことを面倒だ要らないものだと無視する。
貴方を普通じゃ無いと責めても意味がない、それらの行動は全て私のことが分からないからそうしているだけ。
厄介なのはこちらからは無意味に見えることも相手にとっては正しいと確信してやっていること、それらが悪影響しか生んで居ないことに気づいてないこと。

もし貴方と仲良くなることができても、一緒いることができるようになっても、
貴方に蔑ろにされているという寂しさは一生消える事はない。誤魔化す事はできても消える事はない。
私がその寂しさに悲観したり泣いたりすることを貴方は理解ができず被害者面をしているようにしか見えないから怒るんだろう。
私は貴方のことが好きだけど、貴方では私を幸せで満たすことが出来ない。
どちらが悪いという事ではなく、幸せを感じる根底の部分がズレているから合致する事は不可能なんだ。
貴方が楽しそうにしていても私は孤独や疎外感を感じてしまう。

もしかしたら私が喜ぶからと思って貴方がやってくれた事もあったと思う。
私が喜んでいられない理由が貴方は理解できないから喜ばない私を聞こえない所為だと怒ったんだと思う。
ストーカーと言われた私は聞こえても喜べないし嬉しくないということを貴方が理解できなかった。
私がそれを伝えきれてなかった。
私の言葉では貴方が私を理解する事は難しい。

ストーカーじゃないと言える関係が欲しいと言ったら、もしかしたら貴方は本当に会いに来てくれるかもしれない。
聞こえたものがあると言えるような現実が欲しいと言ったら、もしかしたら貴方は私に話してくれるようになるかもしれない。
それでも私は満たされないし私にとって不十分だ。
私が欲しいのはもっと優しさに溢れた愛情とか言葉とか行動なんだ。
貴方にはそれが出来ないんだと思う。
だから私は寂しい。言葉では言い表せない部分が欲しいのに貴方はそれを私に与える事は出来ないから。
どんな言葉なら、どんなお願いなら、貴方が普通の人と同じように私に対して接してくれたり恋人扱いしてくれるのかも分からない。
何が聞こえたとしてもそれが分からないから貴方を好きでもどうする事も出来ない。

貴方を好きな事は嘘じゃなかった。
それでも貴方と私が上手くいく方法がない。
どちらが悪いわけでもない。
好意や愛情が無い訳じゃない、ただ上手くいかないんだ。
お互いが納得して、お互いが幸せのまま一緒にいる方法が無い。
言葉でのコミュニケーションも取れないし伝え合う事も分り合う事も相談し合う事も出来ない。
貴方が私と言葉でコミュニケーションを取ることが現実に可能かどうかも分からなかった。
こんなのあまりに過酷で残酷過ぎる。
一緒にいる為にお互いが協力する事も出来ず、相手を分かった気になって押し付け合いをするだけなんて上手くいかなくて当然なんだ。
好きな人に自分を理解して貰うことが出来ないなんて悲し過ぎる。