Designer's BLOG
Haute Couture

Inside

Tuesday, 29 December 2015

ビスチェドレスの内部構造をバージョンアップしたいなと思って
いろんなオートクチュールのインサイド画像見て思案中。
特に今の作りだとバストラインのボーンに引っ張られて突っ張るので
バストラインが綺麗に出てくれない。
だからパッドのように覆う形にワイヤーを入れないとダメなのかもしれない。
画像のは水色シフォンとケミカルレースの合わせ方が可愛すぎて保存したやつ。
これは内側のビスチェが結構シンプル。
やっぱりこういう風にカップの周りを固定する形じゃ無いとバストラインは綺麗にならない。


ストレートなバストラインの内側ビスチェ。
これは別仕立てになっていてドレスに縫い付けてあるか取り外しが出来るようにスナップが付いてると思う。
バストラインについているのはワイヤーが入ってるのか滑り止めが入ってるのか気になる。

これはDiorのオートクチュールのドレス。
カップが縫い付けられていてカップの外側にボーンが通ってる。
珍しいというよりも古風な仕立て方なのかな。
なによりボーンの数が多い。
アンダーバストとウエスト部分に織りゴムが通してあってそれで固定して着用しているみたい。
見返しが表地のまま裏側に縫い付けられているのでボーンはドレス自体に縫い込まれてるのかな。
上二つの画像みたいに別仕立てにはなっていないみたい。
こういう画像見てるの本当好き。
いろいろ試して縫ってみようと思う。